2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 季刊リコーダー | トップページ | バッハ無伴奏チェロ組曲-ホルン版 »

2005/07/06

バッハの無伴奏チェロ組曲のあれこれ

 久々にここに書きます。

 バッハの無伴奏チェロ組曲は、昔から興味があってリコーダーでよく吹いたものです。魅力は?恐らく当時としては斬新なコードを使っているにも関わらず安らぎを与える音楽という何か得体の知れない魔力を持った曲なんだと思います。あの伴奏とソロを一人で何役もやっているような感覚がたまらない。やはりフランス・ブリュッヘンが演奏したLPを聴いてこの曲にはまっていったのは間違いありません。速攻でリコーダー用編曲楽譜(編曲もフランス・ブリュッヘン)も買ったものです。

 ところで、最近、インターネットで音楽CDをあさっていたところ、信じられないものを発見したのです。なんと、「ホルン」、「フルート」、「テナーサックス」、「ギター」でこの曲が演奏されているのでした。そのうち「ギター」についてはずいぶん前に楽譜を買っていたし、同じ弦楽器ということで全曲演奏は想定内の出来事。「フルート」についてもリコーダー編の第1番から第3番とは違う第5番、第6番であったことを除けば、リコーダーより音域の広いフルートならば出来ないことはないかな?「テナーサックス」は、CMで聴いたことがある。リコーダーと同じ第1番から第3番を演奏している。音域の広さも運指も似たようなサックスだから、納得。
「ホルン」はどうだ?音程大変だよなぁと思いつつも、演奏している事実は驚愕を覚えました。

 というわけで、「ホルン」、「テナーサックス」、「ギター」の各CDを買ってしまいました。ついでに、ALSQのアルバムも(フルートはごめんね、予算オーバーのため断念)。CDが届いたら自分のHDDオーディオプレイヤーに入れて聴き比べてみようと思っているのでした。
しっかり感想書くよ。楽しみに!

« 季刊リコーダー | トップページ | バッハ無伴奏チェロ組曲-ホルン版 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

 ぜひとも、コンサートのライブ音源を公開下さい。私は第5版が大好きです。本当は、原調のc-mollで演奏したいところです。第2番もいいですね。この2曲、mollなので、深い音が必要です。Yamahaだとちょっとしんどいですが、演奏会では、"顔"で深みを演じました。素晴らしい曲集です。バッハには敬意を表します。(礼)

私の場合、息が回りません。(自爆)
バッハの無伴奏チェロ組曲では、CDの曲の収録順番にも個性があることがわかり、勉強になったものです。
Papalinさんや、世界中の楽器を超越した各プレイヤーもとりこにするこの曲は、それだけ魅力があるということも。
フルート版が一番CDの値段が高かったのも。
今度、コンサートに出る機会があったら、第5番や第2番にチャレンジしてみようと思います。

 おはようございます。トラックバックをありがとうございます。
 数ある他の楽器での演奏版ですが、私も、ギター、リュート、ヴィオラ(今井信子さん)、リコーダー、フルート、鍵盤などを聴いたことがありますが、本家本元のチェロがやっぱり一番好きなのは確かです。
 でも、今井さんのヴィオラ、コンラートさんのリュートは、バッハのもつ深い精神性といいましょうか、神聖さも加わっての素晴らしい演奏だと思いました。
 フルートは、かねたんさんの印象と同じでした。(笑)
 私のリコーダー演奏は、まだ指が回っていません。(爆)

第1号ですか、私もうれしいです。

藤井香織のCDの感想については、のちほどこっそりと。
一言で言ってしまえば、「魅力のない演奏」でしょうか。

私が買ったのは、昨年の発表会でこの曲(第1番 プレリュードとジーク)を演奏するので、参考にしようという理由でした。
自分が吹くという理由がなければ、買わなかったでしょうね。

かねたん さん
ココログへコメントをいただいた第1号です。うれしいです。
藤井香織のCDのどんなところが不満だったのか、後でこっそり教えてください。
私が躊躇したのは値段でした。1枚で3000円超もする。
そうですね、廃盤になっているものも多く、今では入手困難な名盤がありそうです。

フルート版は、藤井香織のCDを入手しましたが、率直なところ、買ったことを後悔しています。

ほかに、フルート版は、オーレル・ニコレが80年代に録音しているようなのですが、現在は品切れで入手できませんでした。
ニコレの演奏は、どこかで聴いてみたいと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バッハの無伴奏チェロ組曲のあれこれ:

» ◆IL DIVO Papalin◆ J.S.バッハ 「無伴奏チェロ組曲」(リコーダー版) 全集 [ローズガーデン・むとう & クラシック音楽]
J.S. Bach: The Unaccompanied Cello Suites Tetsuya Muto, alto recorder [続きを読む]

« 季刊リコーダー | トップページ | バッハ無伴奏チェロ組曲-ホルン版 »