2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 24の調による練習曲 | トップページ | Verdwaelde Koninghin 亡き女王 »

2009/01/07

「アルルの女」よりメヌエット

使用楽譜はドレミ楽譜出版社のフルート独奏小品集Vol.1に入っている第2組曲のメヌエット。とても有名なフルート独奏曲であるが、これを変ホ長調の原調のままアルトリコーダーで吹く。もちろん伴奏はなし。
2部形式の始めのテーマは女性らしい柔和なメロディで、中間部に朗々と勇ましさを持ったメロディが特徴となっている。あまりに有名な曲なのでこれ以上解説はいらないと思っている。でも、リコーダーで演奏するときの注意点をいくつか書いておく。運良くアルトリコーダーの音域を逸脱していない曲であるが、リコーダーにふさわしいかどうかは今もってしてもわからない。
1.アルペジオでg'''まで駆け上がっていく部分はスラーをかけてフルートは吹けるが、リコーダーは高度なフィンガリングを駆使してもスラーをかけるのは無理だろう。だから、スラーがかけられないアルペジオは初めから柔らかいタンギングで吹くのがよい。
2.中間部のテーマは勇ましさを持って吹くのであるが、リコーダーには限度があるので音の粒を際立たせるようなタンギングで始めの柔和なメロディとは違いを出すとよい。
3.中間部のテーマは移調されて♭が4つになるが、それほどリコーダーでも苦にならないので安心することだ。
4.最後のコーダではフルートの場合ピアニシモになっている。ダイナミクスをつけにくいリコーダーにはリコーダーなりの吹き方がある。テンポをやや遅めにしてたっぷり歌うとよい。決して音を大きくする意味とは違うので誤解無いように。
5.全体的にブレスの位置はそれぞれのフレーズの区切りを研究すればおのずと見えてくる。息切れせずに吹くためには大事なことである。
2006年9月20日

« 24の調による練習曲 | トップページ | Verdwaelde Koninghin 亡き女王 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「アルルの女」よりメヌエット:

« 24の調による練習曲 | トップページ | Verdwaelde Koninghin 亡き女王 »