2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 12のファンタジーの第12番 | トップページ | ハウヴェのCDその後の結末 »

2009/05/27

DE LOF-ZANGH MARIE マリア賛歌

使用楽譜はMUZIEKUITGEVERIJ IXIJZET AMSTERDAM社の"Der Fluyten Lust-hof Jr. Jacob van Eyck"のDeel1である。これをベーレンライター社製の黄楊材のソプラノリコーダーで吹いた。
テーマは白丸だけの6つの音節からなる心が洗われる美しいメロディである。これに続いて2つの変奏が続くのであるが、テーマのイメージを保った変奏となるべきである。テンポは落ち着いたゆっくり目がしっくりくる。テーマにしろ変奏にしろ全般ルバート気味でちょうどよい。高音域のa''はできるだけデリケートに吹こう。特に第2変奏の18小節一拍目のd''-a''に上がるところは楽器によってはスムーズに吹くのが難しいかもしれない。親指の動きに力が入らないように何度も練習するしかない。とにかく全般にわたってきつい音はご法度であることを肝に銘じよう。
2007年6月6日

« 12のファンタジーの第12番 | トップページ | ハウヴェのCDその後の結末 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DE LOF-ZANGH MARIE マリア賛歌:

« 12のファンタジーの第12番 | トップページ | ハウヴェのCDその後の結末 »