2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ハウヴェのCDその後の結末 | トップページ | ハイドンイヤープロジェクト活動中 »

2009/05/28

アマリリス合奏団のコンサート出演予定

 私としては15年ぶりとなるアマリリス合奏団のコンサートに出演が決まった(ほぼ確実)。アマリリス合奏団とは室内楽愛好家たちが1980年代に結成した演奏団体で何でもありの編成(管楽器が主体)で毎年11月のシーズンにコンサートを開いている。実は私はその結成時のメンバーのひとりだった。15年前にバッハの無伴奏チェロ組曲第3番プレリュードをリコーダーで演奏したのが最後になる。
 2009年は11月22日(日)に本番とのこと。私は今年のハイドンイヤーにちなんでハイドンがMUSICAL CLOCK用に作曲した数々の小品を取り上げたかった。そのためにS.A.Tリコーダートリオをにわかに立ち上げた(今はリコーダートリオのテナーメンバーを探している)。リコーダーと弦楽器用に編曲された楽譜をつぶさに研究し,オリジナルのMUSICAL CLOCKの演奏収録されたCDを取り寄せては聴いて,リコーダートリオでハイドンらしい曲を無理なく楽しく聴けるものにしていきたい。
 ところでハイドンのMUSICAL CLOCKの小品は演奏時間がほとんど1〜2分/曲である。1772年に18曲,その20年後の1792年に8曲,1793年に5曲が作曲されたようだ。リコーダーと弦楽器用に編曲されたのはその中の16曲であるが,リコーダー編成や技量,演奏時間12分の本番割当時間の制約から8曲に絞ることとなった。
 というわけで,リコーダートリオのメンバーを固めることと,演奏曲目の選定が目下の課題である。コンサート情報はまたの機会に掲載する。乞うご期待。

« ハウヴェのCDその後の結末 | トップページ | ハイドンイヤープロジェクト活動中 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アマリリス合奏団のコンサート出演予定:

« ハウヴェのCDその後の結末 | トップページ | ハイドンイヤープロジェクト活動中 »